健康系情報サイトAnesvad

遊びに運動、日々の健康に気を使っていなくても、若い頃は健康そのもの。しかし、年齢を重ねるにつれて、日々体のメンテナンスを欠かすことなく行っていないと、気がつけばあちらこちらに様々な問題を抱えてしまいます。
例えば膝や腰の痛み。若いころに痛めた傷は、治ったように見えても年齢を重ねることで思わぬ痛みを引き起こすことがあります。
また、年齢に応じて内臓機能も老化してきます。若いころの様な食生活では、メタボを誘発し、体重の増加でさらに体に不具合を生じさせることになります。

中国古来から現代に続く病気の判断の一つとして有名な脈診。日本では中国とは少し違い、腸の状態から人の病気を見極める方法がありました。腸は健康の基本。健康を意識するのなら、腸の状態をいつも健康に保つことがいい。と近年腸の触診や腸の健康管理が見直されてきています。

腸の健康管理をわかりやすくするための表現として「腸年齢」があります。
「腸年齢」とは、腸の状態を年齢であらわしたもので、腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが腸年齢の基本になります。バランスが崩れれば、腸の不調だけでなく、免疫力の低下を招いたり、様々な体調不良の原因になると言われています。

あなたは自分の体の健康管理をどのように行っていますか?健康は1日にして成らず。健康な体を保つには、毎日の摂生が必要です。

サイト紹介